お盆休み中~


こんばんは(^^)

今年は12日から17日までお盆休みを取りました。
にゃんずは、とても元気です。

休みと言っても、実家のお盆は7月、どこも混んで
いるし、実家もしょっちゅう遊びにいっているしで
例年通り、近所で空いている場所を選んで
ちょこちょこと出かけています。


単なる出不精(^^;)
せめて普段できないことを、いろいろやってみようと。

まずは、好きね~といわれる健康診断(笑)
乳腺外来の検査の件は、改めてアップします。
無事無罪放免となりましが、半年間のバタバタなぞ(^^;)


さて、今日は地震が続いていることもあって、昨日区役所の災害課へ行ったお話でも。災害時、万が一家に居られなくなった時、ぶんとりこを連れてドコに行けば良いのか気になったもんで(^^;)長いっすよ~。

そうそう、文京区では災害時はペットの仮設テントが設置されることになっているのですよ。地域誌にドでかく載っていたのを見たときは驚いたものです。

港区では、明確に決まってはいないものの「ペットについては人とは別の仮設ができるかと思います」とのことでした。万が一の災害時には、避難所でトラブルになる可能性もありますし、是非、ペット専用の仮設テントを標準化して欲しい旨、お伝えしてみました。「よその区では、始まっていますし~、港区は遅れていませんよねぇ~」的なやーらしいコメントも添えちゃった。わたしも必死ですから(笑)

b0108132_23152624.jpg


ぶんが乗っかっているのは、港区保健所の野良猫対策のパンフレット。内容はとても良いものだと思いました。

猫問題を地域で解決しましょうと呼びかけるもので、「地域猫対策」として去勢・不妊手術の助成、適切なえさやり、トイレのしつけなどを地域住人、ボランティアの方々、行政が協働事業としておこなう意向が書かれていました。トイレのしつけには驚きましたが、猫は清潔好きなので方法はあるそうです。ちょっと感動。背景には苦情や処分相談が増えていることがあるんですね。動物嫌いな人を理解しつつ、理解者、強力者を得ることが大切だということと、保健所は野良猫を捕獲・処分していない旨が書かれています。また野良猫を「飼い主のいない地域猫」と表現しており、久々にお役所ったらすごいわと感じてみたり。う~ん、なにかお手伝いできないかな。

現実はすべてボランティアさん頼りな訳ですからね、、、感謝しています。


そうそう、うちの目の前でも、ちょっとしたモメごとがあったんですよね。おばあさんが近所の公園の猫にえさをあげているのを何人かの女性が囲んで注意していたんです。おばあさんは、深夜にやってくるようになっただけです。が、今度は、おばあさんのマンションの前に見張り?みないな人がいて、おばあさんはションボリだし、ちょっとやり過ぎ?何か方法ないかな、、、完全家猫が一般化してまだ数十年。猫と目が合ったらご飯上げちゃう訳ですよ、特にお年寄りは。なぜ今、餌やりが猫にとって良くないのかをきちんと理解していただかなくてはね、、、野良猫は迷惑だからなんて言ったら余計に猫がかわいそうになって毎晩ご飯を上げに来てしまうでしょう。

私も不適切なえさやりはNGだと理解していますが、餌やりしないだけで野良猫が居なくなるとは思えなかったし、猫のためと言いつつ根本的な策なのか疑問でした。これが正しくてこれは間違いって線引きもできない問題ですから、区の「飼い主のいない猫に関る問題を地域で解決する」という姿勢には賛成です。
何かやってみよー。
ぶっちゃけ、動物嫌いな人が街には必ず居るわけで、災害時は避難所で揉めるのが必至だと感じて区役所にその対応を聞きにいったってのが本音ですけど、野良猫さん対策パンフを見て、里親を探すのも限界はあると思いますし、なによりも人と猫が仲良くなれるめならば、という気持ちに。ま、始めの一歩っす。やれることのネタ出し、まるで夏休みの宿題だわ。


話し変わりまして、里親ネタ♪ 明日は知人がお迎えした公園生まれのボクちゃんと対面してきます♪前から楽しみにしてたんですよね~。

あの子なら飼ってもいいと言う人が居たためボランティアさんが保護した仔猫で、保護してみたら片目がないので要らん、といわれたボク。

犬を飼う予定だった知人が引き取ることにして、ボクが病院で治療している間にペット可のマンションを買い、引越し翌日に病院へお迎え。

いらっしゃいましぃー ようこそ猫ばかの領域へ♪


明日は早起きして幸せなボクへのお土産買いに行かなきゃ、ルン♪
ついでにすんごい行動力の大先輩にも引越し祝いを。
[PR]
by bunbunrico | 2009-08-15 00:48 |
<< ベランダいじり♪ 腰抜け再び ... りこ 5歳(^^) >>